【野球】黒船来航!!大リーグへの挑戦。ハードル下がる?? - XZYもうあとがないNewSブログ-いい意味で・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【野球】黒船来航!!大リーグへの挑戦。ハードル下がる??

【野球】黒船来航!!大リーグへの挑戦。ハードル下がる??

日本のプロ野球は閉鎖的ですからね。
以前の横浜の身売り騒動の時にも明るみになったが、
日本のプロ野球のオーナー会議というものはどうにかならないのかな??
確かに、野球の発展に尽くしたことは認める。
しかし、あまりにも閉鎖的なのでは・・・
また、それを支配しているマスコミ企業が、
他の既得権益への攻撃のニュースを流すのは・・・
ある意味滑稽ですが。

プロ野球だけでなく、高校野球も既存の新聞社ががっちりと堀を固めている。

でもこのスキームができれは、
より多くの選手が海外へと羽ばたけるようになるかも・・

最近の日本人は内的思考だとか
批判するマスコミは是非とも応援してもらいたいものだ(笑)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110926-00000103-san-base
MLB傘下になる日…独立リーグに“ラブコール”

 今、日本の独立リーグに米大リーグ(MLB)からの“ラブコール”が相次いでいる。単に有能な選手の獲得を目指しているのではない。MLBが注目しているのは、独立リーグの運営と選手育成のシステムだ。

 ここ数年、MLBの複数球団の首脳、スカウトが北信越地域を中心に展開するBC(ベースボール・チャレンジ)リーグの試合会場に、幾度となく足を運んでいる。村山哲二リーグ代表はMLB関係者から、BCリーグの各球団をメジャー球団の傘下に組み込む“マイナー球団化”への打診を受け、返答を保留していることを明かした。

 米球界には、メジャー球団は人件費を丸抱えの上、選手や指導者を傘下のマイナー球団に派遣し、基本的に独立採算のマイナー球団は選手育成と球団経営に専念するシステムがある。

 BCリーグは昨季、3球団が黒字化。今季は発足5年目を迎え、地元人気も定着し、地域のスポーツビジネスとして安定経営を行っている。

 つまり、米球界のシステムがあてはまる環境が日本の独立リーグに整っているとMLB側は判断しているわけだ。

 村山代表は、打診してきた5球団の具体名を明かすことは避けたが、「むしろ低予算の球団」という。日本の独立リーグ球団の人件費は、年4千万~5千万円。10年でも5億円程度だ。日米間のポスティングシステムで、総額数十億円もかかる日本のトップ級の選手を獲得する資金はないが、埋もれた人材を発掘する体制を低予算で築ける、この独立リーグの“マイナー化プラン”は、リーズナブルな投資といえる。

 仮に実現すれば-。まず、アジアにおける育成の拠点として、日本はもちろん、中国、韓国、台湾、豪州の有力選手を日本に置く1Aレベルのマイナー球団に集結させる。最初の数年、メジャーの育成プログラムで鍛えながら、英語のマスターなど、文化的な対応にも備える。

 実力が認められれば、2A、3Aのある米本土へ移る。現状なら、アメリカの地方都市のマイナー球団に派遣され、野球以前に言葉や食事の壁にぶち当たる。そうした厳しい環境に二の足を踏んでいた日本をはじめとした、アジアの選手たちにとって、非常に魅力的なシステムになる。

 しかも、BCリーグ側にも、経費負担の軽減に加え、現状の運営を変更する必要もない。双方にとって、マイナスになる点は「どう考えてもないんです」と村山代表は語った。

 独立リーグが“MLB傘下”になる-。アジアでの選手育成の拠点として、日本の独立リーグにラブコールを送っているMLB。国際化の流れが押し寄せる独立リーグの現状を追う。

関連記事
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

トラックバック

http://xyznews.blog.fc2.com/tb.php/106-6cb0a1e5

お笑い芸人になるには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。