誕生日祝いで食べたユッケだった…死亡の中2 - XZYもうあとがないNewSブログ-いい意味で・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日祝いで食べたユッケだった…死亡の中2

あの事件の原因はいったいなんだったんだろうか??
いまでもよくわかっていないような気がする。

最終提供者であった焼肉店の責任は大きいものの、
食肉業者ももっと責められるべきではないのかな??

正式な調査報告ってあったっけ??

でも、この事件のおかげで生肉が食べられなくなっちゃよね。
残念!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000861-yom-soci
誕生日祝いで食べたユッケだった…死亡の中2

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で23日、新たな犠牲者が判明した。

 死亡した富山県小矢部市の中学2年の男子生徒は14歳の誕生日翌日、家族とともに砺波店(砺波市)で食事をして悲劇に遭った。父親(49)は同日、「いつか戻ってくると信じていた……。本当につらかっただろうし、こちらもつらかった」と涙ながらに悲しみを語った。

 父親によると、男子生徒は今年4月22日、父親、母親(47)、兄(16)の家族4人で同店を訪れ、前日の誕生日を祝った。「誕生日だし、食べてもいいでしょ」とねだり、ユッケを注文した。

 県の発表などでは、23日昼頃から腹痛を訴え始め、25日には血便が出て、27日に砺波市内の病院に入院。28日には、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症するなど容体が悪化し、集中治療室(ICU)に入った。29日から意識不明に陥り、人工呼吸器が装着された。

 「心臓はまだ止まっていない。千分の一でも可能性がある」。父親はこの半年間、毎日のように病室を訪れ、「おい今日も来たぞ」「がんばれ」と声をかけ、息子の肩を揺らした。

 「心配をかけたくない」と病状は周囲に明かさず、事件の話題が出ても笑い飛ばしてきたが、その陰で「目を覚ましてほしい」と祈り続けた。

 5月上旬、チェーンを運営する「フーズ・フォーラス」(解散して清算手続き中)の勘坂康弘社長(当時)が謝罪に訪れたが、約1000万円に上る医療費は、4月分しか支払われていない。「同じように苦しんでいる人もいる。事件を風化させたくないし、補償を求めたい」と父親は怒りをあらわにした。
関連記事
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

トラックバック

http://xyznews.blog.fc2.com/tb.php/239-981529fc

お笑い芸人になるには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。