ソニー、サムスンとの合弁解消検討…液晶パネル - XZYもうあとがないNewSブログ-いい意味で・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー、サムスンとの合弁解消検討…液晶パネル

ソニーが過半数を持っていなかったんですね。

さっさと合弁なんか解消したら言い。

無理に手を組むことはないんじゃないのかな??

世代交代の早い家電、電機業界。
無理して自社でなんでも持つべきではないだろう。

中核となる開発部門は残し、
あとの部分は「信頼できる」パートナー企業に任せたほうがよいよ。

ソニー復活のためにも。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000509-yom-bus_all
ソニー、サムスンとの合弁解消検討…液晶パネル

 ソニーが、韓国のサムスン電子とのテレビ用液晶パネル事業を解消する方向で検討に入ったことが30日、わかった。

 合弁会社のソニーの持ち株を、サムスンに売却する協議を進めている。液晶パネルの価格下落が続いているため、合弁を解消してコスト削減を図る。台湾メーカーなど外部から安価なパネルの調達を増やし、赤字が続く液晶テレビ事業の立て直しにつなげたい考えだ。

 両社は2004年に合弁会社「S―LCD」を設立。発行済み株式のうち、サムスンが50%と1株を、残りをソニーが持つ。ソニーは合弁会社で生産するパネルの約半数を引き取ってきた。薄型テレビに出遅れたソニーにとっては、安定的に供給を受けられる利点があった。

 しかし、その後、台湾や中国メーカーの台頭でテレビ用液晶パネルは供給過剰に陥っている。割高なS―LCDのパネルを一定量引き受ける契約は、テレビ事業の足かせとなりつつあった。

関連記事
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

トラックバック

http://xyznews.blog.fc2.com/tb.php/272-83d17607

お笑い芸人になるには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。