【巨人】ナベツネの追いだし成功せず。清武英利球団代表はクビ!! - XZYもうあとがないNewSブログ-いい意味で・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【巨人】ナベツネの追いだし成功せず。清武英利球団代表はクビ!!

内乱はあっけなく終わった。

清武英利球団代表は人望がないのか??
賛同する人が少なかったようですね。


ナベツネもよくはないが、
清武英利さんもワンマンタイプのようだし・・・

クーデターが成功したのは、
昔のフジテレビくらいかな??
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/535568/
巨人、清武GM解任!ミスターも激怒

 巨人は18日、桃井恒和代表取締役社長(64)が東京・大手町の球団事務所で会見。コーチ人事をめぐって渡辺恒雄球団会長(85)を批判した清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(61)の解任を発表した。長嶋茂雄終身名誉監督(75)は「清武氏の言動はあまりにもひどい。戦前戦後の巨人軍の歴史にもない」と断罪した。だが清武氏も弁護団を結成し、「日本シリーズ後に会見を開く」と反発。事態はさらに混乱しそうだ。

一刀両断だ。午後4時30分から始まった緊急会見。その冒頭、桃井球団社長は怒りを抑えるように“清武解任”を発表した。

 「本日11月18日、当社読売巨人軍専務取締役球団代表兼GM、編成本部長、オーナー代行の清武英利、61歳が取締役を解任されましたので、ご報告いたします」

 前代未聞の内紛劇を起こした元同僚、清武氏を断罪した。午後2時から、渡辺会長をトップとする親会社の読売新聞グループ本社が、臨時取締役会を開催。清武氏の解任を決議した。桃井球団社長は午後3時過ぎに球団事務所に戻り、同40分に清武氏を呼び解任を通告した。清武氏は一言、「分かりました」と述べたという。

 会見では解任理由を列挙した。(1)独断で記者会見を強行(2)誤った事実を公表し、名誉、信用を傷つけた(3)コーチ人事を暴露(4)渡辺主筆が反論を出すと、ただちに再反論を公表。巨人軍に対する敵対姿勢を強めている。

 そして、衝撃の内容は(5)だった。清武氏は11日の会見後、年内限りで巨人軍取締役を辞任するのと引き換えに、渡辺主筆を球団取締役会長から辞任させ、かつ、自分を巨人軍常勤監査役に就任させてほしい、それが事態収拾の条件だと要求した、という。

 桃井社長は「すでに取締役として職務を遂行する正常な意欲がうかがわれないばかりか、関係者らに不穏当な言動をしていた」と、渡辺球団会長と“刺し違える”どころか、今後も球団に居続ける計画を持っていたことに怒りをあらわにした。

 渡辺会長は12日の声明文で「今後の対応は、本人の反省次第、現時点でただちに処分を求めるつもりはない」としたが、清武氏のなおも続く不当な要求に、態度を一気に硬化させたのかもしれない。

 球界の盟主を自認する巨人がさらした醜態に、長嶋終身名誉監督も心を痛めていた。「清武氏の言動はあまりにもひどい。戦前戦後を通じて巨人軍の歴史でこのようなことはなかった。解任は妥当だと思います」と、清武氏を非難した。

 編成権を一手に握ってきた清武氏の解任で、巨人は戦力補強の見直しを迫られる。この日、正式決定した白石オーナー、桃井球団社長、原沢代表兼GMの新体制で、揺れに揺れている補強戦略の立て直しを図る。

 「終わらさなきゃいけないと思っています。この大試練をチームとフロントが一体となって、なんとしても乗り切っていかなければならない」

 桃井社長は出直しを誓ったが、夜には清武氏が、弁護団を結成して法的措置を取る方針を表明した。巨人は輝ける日を取り戻せるのだろうか。吹き荒れる逆風は、しばらく収まりそうにない。 (上野亮治)


関連記事
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

トラックバック

http://xyznews.blog.fc2.com/tb.php/334-53105c48

お笑い芸人になるには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。