東原亜希のデスブログ。海外へ波及。経済効果はいかほど?? - XZYもうあとがないNewSブログ-いい意味で・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東原亜希のデスブログ。海外へ波及。経済効果はいかほど??

競馬番組で、本命予想で取り上げた馬がことごとく負ける。
しかも、そのうち3頭は骨折

結婚相手の柔道家の井上康生さんは、結婚した年に五輪代表落ち。
さらに、現役を引退。

これだけでもすごいのに、
ボーイング787にまで影響を及ぼすとは・・・

アメリカの企業を敵に回すと
命が危ないのでは。

このおいしい状況に対して
どこかの大学教授が、
ちょっとナナメ上の発言をしているようですね。
東原亜希の「デスブログ」が海外でも話題に…米メディアが“伝説”を紹介
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000027-flix-movi

 言及した事柄・人物に不幸が振り掛かることから「デスブログ」と称されているタレント・東原亜希のブログが、海外でも話題になっている。海外メディアに掲載された「ボーイング機のバッテリー問題の責任は日本人モデルにあるのか?」という記事には現在、Facebookで1,000件を超える「いいね!」が付いている。

 同記事を掲載したのは、米ニュースサイトのGawker。記事中では先日のボーイング787の機体トラブルによる緊急着陸に触れ、「日本人はすでに誰が元凶か知っている。『デスブログ・レディー』こと東原亜希だ」と紹介。東原がボーイング緊急着陸の約1か月前に息子の「お気に入り」としてボーイング787のプラモデルをブログで取り上げていたことを例に、言及した事柄や人物に不幸な出来事が起こる「デスブログ伝説」について説明した。

 同記事で取り上げられたのは、鶴岡八幡宮のイチョウに言及したところそのイチョウが倒れたことや、北京オリンピック開催中にブログで言及した選手の成績がことごとく振るわなかったことなど。記事を見たユーザーからは「『リング』の貞子みたいだ」「これは『FRINGE/フリンジ』のエピソードの一つだろ?」といったコメントが寄せられているほか、同記事には今月17日の掲載以降、Facebookで1,000件を超える「いいね!」が付いている。

 先日には大学教授が「デスブログという言い方をすることはいじめだ」と指摘したことも話題になった東原のブログ。ついに海外にまで紹介されてしまったが、東原はそうした風評にも負けず、今月も1日1回以上のペースでブログを更新。ファンとのつながりを大事にしている姿勢がうかがえる。
関連記事
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 人気ブログランキングへ

トラックバック

http://xyznews.blog.fc2.com/tb.php/366-2500fc43

お笑い芸人になるには
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。